matka


もっと普段着にあうものはないかな
もっとつけていることを忘れるような
そんな首飾りがほしいと思っていました
どこを探しても見つからなかったので自分でつくってみました
それがmatkaのはじまりです。
 
波に洗われた貝殻やさんご、アンティークビーズや古い鈴

ひろった木の実、石、心ひかれる国籍不明のカケラで

首飾りやブレスレットをつくっています。

 

かばんは苧麻(チョマ)という手績み糸で織っています。
〇profile
フリーでショップのディスプレイ、花のいけこみの仕事を経て
2007年、かばんやアクセサリーの制作活動を開始
現在は、京都を中心に各地で個展、イベント、ワークショップ等を開催
  
matka                 

o matkamatkamatka o

首飾り

首飾りのパーツになるもの、いろいろ

おしろいばなの種

o matakmatkamatka o

苧麻(チョマ)の織りかばん

苧麻という植物の茎から採りだされた繊維は手間のかかる工程を経て

細く撚られた手績み糸になります。

ひとつひとつが手仕事で今も原始の時代と変わらぬ方法でつくられた

たいへん希少な糸です。

 

つよくてしなやかな織りかばんをどうぞご覧下さい。

ひと織り ひと織り

ひと針  ひと針

 

世界にたったひとつの かばんがしあがります